恋愛・人間関係の引き寄せの法則〜ストレスを感じる友達との関係を断舎離〜

本当にその友人は大切なの?

何かしらのきっかけで出会って知り合った友人、決して悪い子ではない普通の人。しかし、知るほどに話が噛み合わない。話が通じていないのが感じ取れてしまう。何かをトピックに話をしている時に反応の仕方や発言にどうも違和感を感じる。口を開けば愚痴ばかり。よく考えてみましょう。彼女から何か新しい発想や学ぶべきものや面白いと感じるものはありますか。

誰も悪い人なんていない

もちろん、誰しもいいところというのはあります。しかし、何だか身の周りにいる友人にどうも違和感を感じる。決して悪い人とかではないが、考えている内容や、思考に違和感を感じて居心地の悪さを感じる。話がきちんと伝わって理解しているという安心感がない。伝え方の良し悪しはあれど、どうもそうではなく根本的な問題を感じる。どうも何か得ているものが無いと感じられる時は無理に付き合う必要はありません。その人と距離を置いてみましょう。

類は友を呼ぶ

何かが合わない、見ている方向性や目指す理想の人間像や付き合いたい人と異なるのかもしれません。類は友を呼ぶと言いますが、その人はあなたの類友ではないのでしょう。独身、結婚している、家族がいる、仕事が異なる。その状況が異なっていても付き合える人間関係は存在します。例え経験が異なっていても自分の尺度だけで物事を考えない広い視野を持った想像力のある人はいます。

「今ある自分に問題があるのでは。」と感じるかもしれません。しかし、いずれにしても今ある自分に周りの人達は合わないのです。人間関係の環境を変えるか変えないかはあなた次第です。

例えその時ひとりぼっちになったと感じても、あなたが少しでも今の人間関係より良い人間関係を築きたいと思うのであれば、自分が理想とするような人はどんな人かまず考えてみましょう。

自分の理想とする具体的な人が周りにいなくても、理想像があやふやではっきりしたもので無い場合でも自分が会っていて「この時間が無駄ではない。」「学ぶべきものや得るものがある。」という実感があるような人と会いましょう。

明確な目標とゴールを描く

強いて言うのであれば、今理想の人や恋愛対象に出会っていないのは自分の理想像や進みたい道が具体化されていないからかもしれません。はっきりした目標やゴールを描くことで潜在意識がその方向に進むように自分が努力することで必然とその波長に合わない人とは付き合わないようになっていきいます。

1%の重要なことだけに集中してあとは気にしない

「エッセンシャル思考 」という本では「人生において最も重要なことだけを選び、最も重要なことについて最少の時間で成果を最大にする」方法について書かれています。

あなたの周りにいる友人は本当に友達なのでしょうか。この本には衝撃的なフレーズがあります。
「世の中の大半のものはノイズである。本当に重要なものはほとんどない。」

自分が必要としている情報以外のものが世間では溢れています。あなたの周りの人間関係も考えて必要ではないと感じた友人関係を断舎離してみたら友達がゼロになってしまった。という人もいるかもしれません。

もし、その場合は、ひとりになれば自分がやるべきこと、やりたいことに専念できる時間に費やせます。人生の時間は限られています。趣味や仕事でやるべきこともやりたいこともあるはずです。時間を有意義に使うことを考えてみましょう。

エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする

新品価格
¥1,728から

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする