TOEIC満点990点をとるための完全攻略!おすすめの通信講座

TOEICの満点990点はどういうレベル?


新型コロナウィルス の影響による自粛ムードで家で過ごす時間が増えました。せっかくなので以前からいつかやろうと思っていたTOEICの勉強をすることにしました。しかも、目標は高く設定して900点台を目指します。やろうやろうと思ってできなかったことに挑戦することにしました。

「TOEICテスト900点台 」は、英語ネイティブの外国人でも 満点を取ることは 難しい超難関レベルと言われています。英語のプロレベルで英検1級より難しいと言われています。

具体的に900点台がどんなレベルかと言うと、コミュニケーション能力は、ネイティブに近いレベルで、必要単語数は1万語以上が目安です。しかし、990点がとれると、企業での評価は、海外赴任や昇級基準よりはるかに上のレベルとみなされます。

なので、990点満点を取ろうとしたら、1問も間違えることが出来ません。

TOEICテストを 一度でも受けたことがある人だと、満点を取ることがどれほど難しいことなのか想像がつくことと思います。

TOEICで900点台をとれるのはどのくらいの割合?

なんと、TOEICテスト900点台は 受験者の1%未満。990点満点者ともなれば 更に少なく、日本国内では ほんのひと握り。

しかし、コツを掴めば、TOEIC 990点 満点を取ることは、さほど 難しいことではないそうです。多くの人は「英語ができない。勉強ができない。」のではなく、「勉強をする方法を知らない。」のが原因です。

なぜ、TOEICの満点は100点満点や1000点満点ではないの?

TOEICは、受験者全体の正答率の状況などから評価する計算方式(相対評価)を導入しています。全体の正答率から難易度を計算して、それで点数を算出しているので、正解数がそのまま点数にはならない仕組みです。

例えば、第1回のTOEICテストの難易度が低かったのに、全受験者の半分以上が900点だったとします。しかし、第2回のTOEICテストの難易度が高く、全受験者の1割だけが800点以上だったとします。

この場合、第2回の後者が満点となります。

難易度が低い場合は全問正解でも満点(990点)を取れない場合があり、難易度が高い場合は、数問不正解でも満点(990点)を取れる場合があります。そこには、10点分の幅があります。

「TOEICとは、英語力のテストではなくいかに点数を取るかのテクニック」とはよく言われますが、英語は実践的に使えないと意味がありません。きちんとバランスが取れた正しい勉強法を探していました。

TOEICを攻略するのにおすすめの教材

そこで見つけたのが「TOEIC完全攻略方程式」という通信講座。近畿大学の教授で英語講師に英語を教える英語のプロである石井隆之さんによる講座を受けることにしました。

なぜなら、TOEICの攻略本とか講座はたくさんありますが、これはどちらかというと英語講師や大学の先生、英語を教えるプロ達がよく使われていて信頼ができる教材だからです。

また、「TOEIC哲学」と「TOEIC攻略方程式」を編み出してユニークな視点から高得点をとるテクニックと語彙・文法・リーディング・リスニングの全てをバランスよく学べるよう、自然に本当の英語力を効率よく身につけられるように工夫されています。

TOEIC完全攻略方程式のメリット・デメリット

メリット

  • 6ヶ月間にわたるTOEIC攻略のための「通信講座」
  • 高得点をとるテクニックだけではなく実践的に使える英語が学べる。
  • 「9ヵ月後にTOEIC満点」が目標
  • スクールに半年以上通うよりリーズナブルな価格
  • メールサポートと添削指導を活用できる。

デメリット

  • とにかく短期間で点数だけ高得点を取りたい。という人には向かない。
  • 英語初級者にはハードルが高すぎる。

口コミ

男性・語学学校所長
ビジネスマンの方であれば短期間でTOEICのハイスコアを取得してビジネスに活用したいと考えているでしょうし、ビジネスマンでない方もなるべく時間をかけずにTOEICを攻略したいと考えているのではないでしょうか?短期間で何とかしたい人はどうしたら良いのでしょうか。
その答えは、TOEICで990点を取ることに焦点を合わせて、正攻法で英語力を強化していくことと、TOEICで役立つテクニックを身につけることです。
つまり、皆さんは、この2つのことを行えば、短期間でTOEIC990点を獲得することができるようになります。
まず、効率的な英語力強化という点では、本マニュアルの中身は、まさに皆さんがいかに効率よく英語力を強化してTOEICで990点を取るのかということに配慮したものとなっています。
次に、テクニックという点では、石井先生の長年のTOEIC研究の成果ともいえる様々なテクニックが惜しげもなく公開されています。最後に、本マニュアルを購入してもTOEICで990点を取れない場合が1つだけ考えられるということをお伝えしておきましょう。
それは、本マニュアルを購入したことに満足して、本マニュアルを活用しない場合です。しかし、本マニュアルを活用しさえすれば、必ずTOEICで990点を取ることができるようになります。後は皆さんが「やるかやらないか」です。
男性・大学英語講師
このマニュアルには、TOEIC満点取得準備のための大変に詳しい説明(文法や語彙・言語の深いところから、細かいテクニカルな健康法に至るまで)、わかりやすく総合的に解説されています。
さらに、TOEICのみならず、他の資格検定試験やTOEFLなど国際英語共通試験の総合対策ともなり、英語そのものの学習の奥義について解説がなされています。
先生は、常々、学習効果のためには「コツ」と「コツコツ」の2つが重要であるとおっしゃっています。
「コツ」とは、何事にも技術的な側面(テクニック)があるということです。例えば、TOEICテストで満点を取得するためには、その学習法にコツがあり、受験の仕方にコツがあるということです。TOEIC満点に相応しい勉強法と試験上のテクニックがあるということです。
しかし、同時に「コツ」だけでは十分ではありません。「コツコツ」と努力することが何よりも大切です。

結論としては、結局コツコツと勉強しないといけないということは事実ですが、「英語力」の向上のためのTOEIC勉強法を教えてる為の教材だと言えます。TOEICテストの法則についても「TOEICの採点は「加点方式」なので○○○すれば良い。」というようにわかり易く解説しています。

他の通信講座に比べると、月額性でも無く、1回の投資で済むので、結果的にコストパフォーマンスが良いです。

通信講座は、一般的に5万円~10万円するのが平均価格です。しかし、この通信講座は39,800円(税込)で他と比較してもちょっと割安なのも良い点です。

TOEIC完全攻略方程式の詳細はこちら。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローする