アソコの臭いを消す方法〜薬局の石鹸は危険?臭いの原因チェック〜

トイレに行ったときや彼とデートの度にどうしても気になるデリケートゾーンの臭い(ニオイ)。「あそこのニオイはどうしたら消えるの?」とお悩みではないでしょうか。「石鹸でよく洗っているのに臭う」という人は、実は悪化している可能性があり危険なんです。どうしても気になるニオイの原因と解決策をお教えします。

あそこの臭いの原因

あそこの臭いの原因には以下のようないくつかの要素があります。

  • 性感染症にかかっている
  • 汗・尿・蒸れ
  • 睡眠不足やストレスをかかえた生活をしている
  • おりものシート・洗浄便座・抗生剤の使いすぎ

ニオイの原因が上記のどれに当てはまるか詳しく見てみましょう。

性感染症や細菌性腟症にかかっていないか?

かなりニオイがきつい場合は、まず性感染症になっていないか疑って病院で診断を受けましょう。性感染症でなくても、細菌性腟症である可能性もあります。

細菌性腟症とは、腟のかゆみや痛みなどの症状よりも、おりものの量やニオイの症状が強いのが特徴です。

細菌性腟症は、腟の善玉菌である乳酸桿菌(Lactobacillus属の菌)が減少し、ガードネレラ属の菌、マイコプラズマ属、ヘモフィルス属の菌、ウレアプラズマ属などが過剰に増殖して起きる症状です。

汗・尿・蒸れ

性感染症でなかった場合、一般的に女性器や陰部のニオイは、おりものや「恥垢」と呼ばれる垢、汗、尿などが原因です。

また、生理のときに臭うのは、実は、生理の経血そのものにニオイはなく、原因は市販の化学繊維のナプキンにあるのです。 ナプキンは布ナプキンを使うとかなりニオイが軽減されます。

オーガニック布ナプキンの通販サイト【nunonaの布ナプキン】は種類も豊富なのでおすすめです。

その他、下着がナイロン製だったりストッキングなどを履くことで風通しが悪く、蒸れやすい状態になっていてニオイの原因になっていることがあります。ニオイが気になって市販の石鹸でゴシゴシ洗い過ぎもニオイの原因となります。陰部には陰部専用の石鹸があるのです。

睡眠不足やストレスをかかえた生活をしている

免疫力が低い状態だと、腟内環境も悪化します。ごく普通の免疫力強化法、例えば22時〜翌2時はリンパ球の活性が落ちて免疫力が低下するのでしっかり眠るなど、睡眠が腟内の免疫力強化につながります。

おりものシート・洗浄便座・抗生剤の使いすぎ

ドブのようなニオイや魚の腐敗臭がするのは細菌性腟炎で最近増えています。おりものシートを長時間つけたり、洗浄便座で頻繁に洗ったり、抗生物質に頼りすぎたり。これらが雑菌が繁殖しやすい大きな要因になっているのです。

どんな臭いかで原因がわかる

酸っぱいニオイ

デリケートゾーンから少し酸っぱい臭いがする原因は、実は「健康的な証」です。酸っぱい臭いの正体は「おりもの」なのですが、健康的なオリモノからは若干の酸っぱい臭いが発生しています。これは、おりものに含まれる乳酸が酸っぱい臭いを出しているんです。

膣の中には、乳酸桿菌というカラダに良い菌がいて、グリコーゲンを材料にして乳酸を分泌。この乳酸のおかげで、膣の中は、他の細菌が繁殖しづらい酸性度の高い環境(pH4.5~5.0位)に保たれているんです。膣内は雑菌や細菌が繁殖しないように弱酸性に保たれています。

デリケートゾーンから多少の酸っぱい臭いがする症状は、健康的な証なので気にする必要はありません。

イカ臭い・雑巾臭い

酸っぱい臭いに混ざって、デリケートゾーンがイカ臭かったり雑巾の生乾きのような臭いがする場合にはすそわきがの可能性かケア不足の可能性があります。

「デリケートゾーンの正しい洗い方 」ができていないと、雑菌や恥垢(ちこう)が溜まってしまいイカ・雑巾の生乾きのような臭いになってしまうことがあるんです。

チーズ臭い、生くさい、魚臭い、不腐敗臭

デリケートゾーンから魚の腐ったような臭いや、生ゴミのような臭いがする場合は「性病」の可能性があります。性病は、性行為で相手から感染してしまうことが原因です。

性病に感染すると、魚の腐ったような臭い、生臭い臭いなど、目に染みるような強烈な刺激臭を発生させます。

また、強烈な臭いと同時に「強いかゆみ」「緑っぽい膿」「ポロポロとした白い塊のオリモノ」などの症状がある場合は、すぐ産婦人科・婦人科を受診しましょう。高確率で性病の可能性があります。

膣内のバランスを調べる


膣内ではすべてのバランスが自然に整っていますが、そのバランスはもろく簡単に崩れてしまいます。石鹸、抗菌剤、熱すぎる風呂、プールへの入水、香りつきナプキンの使用、膣口に近い場所へのローションの使用、下着の着替え不足、合成繊維の下着の着用といった多くの理由で膣内のバランスが崩れてしまいます。

通常、腟内にはデーデルライン桿菌(乳酸菌)というものがいて、雑菌が入ってきても排除します。ところが腸内環境が悪くて、下痢気味の人は、腟内に大腸菌や腸内球菌などの雑菌が入りやすい傾向があります。腸内の細菌が腟内に入り、臭いもとになることもあるんです。

デリケートゾーンに雑菌が増えると、嫌な部分臭を引き起こしてしまうため、雑菌が増えないようにケアをすることが大切です。デリケートゾーンを清潔に保つことで雑菌の繁殖を抑え、不快臭を予防することができます。

あそこの臭い対策の石鹸選びとお手入れ


清潔に保つためにおすすめなのが、デリケートゾーン用の低刺激性の石鹸を使って洗うこと。「デリケートゾーンはお湯で洗うもの」と聞いたことがある人もいるかもしれませんが、粘着質な性質の恥垢をお湯だけで洗い流すのは、実はとても困難です。

石鹸ならば、お湯だけでは洗い流せない油分を含んだ陰部の汚れも洗い流すことができます。ただし、注意点があります。女性器の中の膣は、雑菌などから身体を守るために、強酸性に保たれています。

ドラッグストアなどの市販の石鹸にはアルカリ性の石鹸は、この膣内のpHバランスを変化させてしまうことがあるものが多いのです。つまり、女性器を洗うのにはあまりおすすめできません。

酸のバランスを崩さないよう腟内の酸性に近いpHのもの、弱酸性の石鹸を使い、デリケートゾーンの恥垢を洗い流すことが大切です。また、外陰部は洗っても膣内は石鹸で洗浄しないようにしましょう。

良質の弱酸性の石鹸は、通常の薬局などには置いておらず、市販では手に入りません。

陰部専用の石鹸で自然由来のもだと、植物由来の成分で作られたハンドメイド石鹸で全身にも使えて人気が高いジャムウ・ハーバルソープがおすすめです。

オイルタイプのものだと、植物性オイル、アルテア根エキスなど厳選した天然植物成分を使用してローズの香りがするPEACH JOHNのデリケートウォッシュオイルPEACH JOHNのデリケートウォッシュオイルなどがあります。

詳しくは陰部の臭いを消す対策 おすすめ石鹸5選!臭いを徹底解決する方法を見てみてください。

細菌を防いで膣内環境を清潔に保つ

専用の石鹸でお手入れしてもどうしても臭いが気になるという人は「管理医療機器」に該当するinclearインクリアという膣洗浄器があります。

自浄作用とは、膣内環境を保ち、細菌の侵入や繁殖を防ぎ膣内を清潔にする働きです。膣内には膣内環境を維持する働きのある乳酸桿菌(にゅうさんかんきん)がいます。

乳酸桿菌は、膣内環境を整える乳酸を増やします。乳酸が減ると膣内環境が悪化し、ニオイやおりものの原因になるのです。インクリアは、膣内環境を整えるのに、必要不可欠な乳酸が配合されています。

まとめ

健康管理と専用の石鹸を使った正しいお手入れの方法でニオイを軽減することはできます。どうしてもニオイが強くて気になるという人は、食習慣を変えてみたり、専用の石鹸を使ったり、ナプキンは化学繊維のものを使わないなど日常のちょっとしたことに気を遣ってみましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする