東京のおすすめシェアハウス比較(個室)〜築浅で安い物件vsお洒落で面白いけど割高物件

なぜシェアハウスに住むのか?

シェアハウスを敢えて選ぶ人は必ずしも立地や賃料だけで選んでいるわけではありません。一人暮らしで1Rや1Kの狭いアパートやマンションに住むよりも、同じ賃料位でお洒落で広い空間や人との交流が欲しい。と考えて選ぶ人も少なくないことでしょう。

東京で家賃3万円から住めるシェアハウス-シェアドアパートメント-

何かしらの事情で頭金や引っ越し資金が無いので、とにかく家賃を安く上げたいし家具を揃える費用を省きたいという人もいれば、滞在期間が6ヶ月とか1年と限られている。お洒落で快適で且つ綺麗で楽しめる所に住みたい。賃料は気にしないけど一人暮らしより人との交流がある生活をしたいから。一人暮らし用の物件ではなく、もっと広いスペースが欲しい。フリーで仕事をしているのでワーキングスペースが欲しい。シェアハウスに住む人にはそれぞれの理由があります。



まず、一人暮らしの賃貸に入居する場合は、前家賃以外に少なくとも下記のような初期費用が最低でもかかります。

月額賃料:70,000円 敷金1ヶ月礼金1ヶ月の場合

敷金 70,000
礼金 70,000
保証会社 25,000
仲介手数料 70,000
管理費 5,000
鍵交換代 19,800
火災保険 18,000
合計 277,800円

これに加えて、家具や生活用品を揃えないといけないとなるとかなりの出費がかかります。更には、滞在期間が限られている場合は、退去時に家具や生活用品を粗大ごみとしてお金を払って処分しないといけません。

一人暮らしの賃貸と比べて、シェアハウスは初期費用を安く抑えることができるというメリットがあります。しかし、シェアハウスを選ぶ理由は単に費用がかからないからという理由だけでは無い人がいるでしょう。

シェアハウスは、認知度が上がってきて、数年前に較べ物件選びの選択肢は豊富になってきましたが、競争も激しくなり、提供される物件のクオリティも上がってきています。
そこで人気のシェアハウスをまとめて、それぞれの特徴をご紹介します。

割高でもお洒落で面白いコンセプトを重視する人に

少々高くてもお洒落で利便性の良い場所で立地条件にこだわる人にはひつじ不動産TOKYO SHAREHOUSEを見てみましょう。また、ただ住むだけでは無く他にコンセプトやオプションサービスが欲しい人にはSHARE PARKというシェアハウスがあります。

SHARE PARKは1ヶ月から契約可能な物件、女性限定、新宿の夜景を一望できる、見晴らしの良い屋上テラスが自慢の物件、ゲームチェンジャーが集うシェアハウス、コワーキングスペースとガレージが併設された賃貸や、ペット可の物件等、お洒落で且つユニークなコンセプトのシェアハウスが満載です。オープンキャンペーンに1ヶ月のフリーレントというサービスもあります。

また、都心から離れて自然や国際交流を楽しみたいという人にはSHARE PLACE。ちなみに外国人と暮らして国際交流を図りたいという人はBORDERLESS HOUSE、Tokyo Room Finder等を見てみましょう。

シェアハウスのメリットは、引っ越し資金や家具等を揃える必要が無いこと、人との交流があり寂しく無いことです。一方で、同じシェアハウスに住む人との人間関係が合わないという問題が生じる可能性もあります。

どんな人が住んでいるかおおよそ予測が出来た上でシェアする人と直接個人的に契約をしたいという人はroomshare.jpルームメイトカフェで探すと良いでしょう。しかし、これは詐欺まがいの募集がある可能性もあるので注意しなければなりません。見極めと判断が重要となる上級者向けです。

人との交流や面白みは欲しいけどプライバシーも守りたい人に

人との交流はありつつも、シェアハウスよりもプライバシーを守りたい人向けにあるのがSOCIAL APARTMENT(ソーシャルアパートメント)です。ソーシャルアパートメントとは、自分の時間や空間はマンション並に確保したいという方向けの新しい一人暮らしのスタイルになっているものです。

プライバシーを守りながら、入居者同士が集う共用ラウンジでコミュニケーションを楽しむのがソーシャルアパートメントの面白さです。

Global Agentsが運営するソーシャルアパートメントには、シアタースペースがある物件、Coffeeをテーマにした104世帯が入っている物件、壁一面にライブラリーが併設されている物件、Club Loungeをテーマにした物件等、それぞれの物件にコンセプトがあります。但し、設備の良さもあり、場合によっては一人暮らしより賃料が高いと感じる物件も少なくありません。

コミュニティを重視して暮らしたい人に

Global Agentsのソーシャルアパートメントと比較するとお洒落さには欠けますが、類似した形でそれぞれの物件がシアター付きの物件、カラオケ最新機種を導入している物件等のコンセプトを持つソーシャルレジデンスとシェアハウスの両方を運営しているのがOAKHOUSEです。

ソーシャルレジデンスとは、賃貸住宅の一形態であったシェアハウスをコミュニティ重視のソーシャルな場にしたものです。

起業を目指す若者やフリーランスで活動するクリエイターが集まっていたり、入居者が主導するワークショップ、イベント、セミナー、料理教室等が定期的に開催され、ただ住むだけではなく、入居者同士が学びや交流の機会を相互に提供する場として注目されています。
また、ヨガ・フィットネスが出来るマルチスタジオ、楽器演奏が可能な防音室、24時間利用可能でWi-Fi完備のオフィススペース(ソーシャルオフィス®)などが備わっている物件もあります。

Global Agentsのソーシャルアパートメントと比較すると賃料も安く都心から少し離れた場所にある物件が多いのが特徴です。

初期費用の比較表

ここで、それぞれの人気シェアハウスの初月賃料以外にかかる入居時の初期費用についてまとめてみました。

シェアハウス運営会社 初期費用

(初月賃料除く)

備考
ひつじ不動産 0円〜80,000円位が相場。 敷金・保証金として。これに加えて鍵の交換代が10,000円〜20,000円前後かかります。
物件によっては家財保険約9,000円位が必要になることもあります。
SOCIAL APARTMENT 約66,000円位〜が相場。 敷金・保証金として。内訳は家賃の約1ヶ月分+光熱費+管理費の合計金額。
クリーニング代30,000円を償却して退去時に返金。
礼金が物件によってかかることがある。鍵の交換代は無し。
SHARE PLACE 約50,000円以上が相場。 保証金として。共益費、初回保証委託料や礼金がかかる物件もあり。火災保険は任意加入。
BORDERLESS HOUSE 50,000円+初月水道光熱費。 礼金30,000円+保証金20,000円+初月の賃料及び水道光熱費を申し込み後営業日3日以内に支払わなければいけないという条件あり。
退去時に保証金から5000円〜10,000円を原状回復費として償却して返金。
Tokyo Room Finder 20,000円台〜100,000円台が相場。 物件によって異なり幅がある。
OAKHOUSE
30,000円〜50,000円位。 契約料として。契約料は物件によって異なる。
XROSS HOUSE 30,000円。 保証金に加えて、鍵の交換代が5,000円かかります。また、退去時に解約事務手数料10,000円を支払う。

※いずれも鍵の交換代が別途5,000円〜20,000円前後かかる可能性があります。

立地条件も良く築浅で且つ安い物件のシェアハウスに住みたい人に

この数年は、シェアハウスの競争が激しく、クオリティが上がっている分、数年前と比較すると賃料も全体的に上がっている傾向があります。

よって、意外にこの条件の物件が見つからないと嘆いている人もいることでしょう。とにかく初期費用を抑えて、賃料が安い物件を探している人はハナサカスいえともTOKYO HOUSE等から探してみましょう。更に築浅物件にこだわる人はXROSS HOUSEの物件をチェックしてみてください。

三軒茶屋で59,800円、自由が丘57,000円、経堂49,000円、53,000円、原宿63,000円、中野43,000円とかなりの好立地で物件がとにかく綺麗です。希望エリアや条件を入れて問い合わせすると他には出てこない希望に沿ったシェアハウスを探してくれます。

XROSS HOUSEの入居時にかかる初期費用は3万円で賃料は水道光熱費コミコミで3万円からと他と比較しても割安でアクセス便利な好立地条件で築浅物件が多数見つかります。

シェアハウスではなく、やはり一人暮らしがしたい。しかし、引っ越し資金や家具を揃える費用があまり無いという人にXROSS HOUSEには家具付きアパートメントという選択肢もあります。どの賃料でも初期費用は50,000円(返金不可)で入居可です。

但し、年齢制限の条件や審査があります。また、水道・ガス・電気・インターネットは個人でご契約をしなければいけません。最初にシェアハウスに住んでゆっくり一人暮らしの賃貸を探してみるのも良いかもしれません。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする