家具・家電レンタルVS通販で購入 どちらが安いか比較

これから引っ越しシーズンです。一人暮らしを始める人、また心機一転で引っ越しをする予定の人のために、必要不可欠な電化製品や家具についてレンタルが良いのか購入するのが良いのか目的に応じて価格を比較してみました。

Photo by Alexandra Gorn on Unsplash

とにかく安く!一人暮らしビギナーに

これから初めて一人暮らしを始める人は、まず何が必要か考えましょう。家具を一式揃えるとなるとかなりの費用がかかります。まず、どうしてもベッドでないと寝られないという人は例外としても、ベッドについては体にも影響が出るものです。腰を悪くして健康を損ねたり、医療費の方がかかってしまった。とならないよう、よく吟味して購入しましょう。これぞというものが見つかるまで布団で過ごすのも良いかもしれません。



しかし、生活をスタートさせた時に、これはどうしても無いと困る。というものを優先に挙げてみました。
1.電子レンジ
2.冷蔵庫
3.洗濯機
4.ローテーブル

上記のものは最低限必要になるアイテムです。



購入する場合の最安値

では、「中古でも良いのでとにかく安く手に入れたい。」という人のために必需品を楽天の通販で購入する場合の最安値を中古を含めて調べてみました。リサイクルショップや店頭で中古品を購入する場合は送料がかかる場合が殆どです。大きな物はリサイクルショップに出かけて店舗を見て歩く手間暇や時間効率、価格を考えてもネットで購入した方がお手軽で安く済む場合があります。

アイテム 最安値(税込)
洗濯機 10,800円
冷蔵庫 10,800円
電子レンジ 3,980円
ローテーブル 4,299円
マットレス 8,789円

中古品であれば上記のようにかなりお安い値段で家電を手に入れることができます。しかし、気をつけないといけない点は、家電については状態の確認をよくしましょう。状態の見極めをしないといけない点については上級者向けかもしれません。買って数ヶ月で壊れてしまう可能性があることもよく考えて検討しましょう。そして商品自体が安くても送料が高くて実際には高くついてしまうこともあるので、送料もよく確認しましょう。今ならニトリの洗濯機と冷蔵庫が中古セットで24,800円(送料無料)でしかも翌日配送というお得な情報もあります。



レンタルとサブスクリプションの違い

引っ越し代にお金がかかり過ぎて、家具や家電を買う初期費用が無い。という人のために。家具や家電のレンタルやサブスクリプションサービスがいくつかあります。

サブスクリプションとリースとレンタルの違いを分かりやすく言うと、サブスクリプションは定額制のサービスのこと、リースは長期間の貸し出しサービスのこと、レンタルは短期間の貸し出しサービスのことです。 サブスクリプションは、一定の金額を支払うことで、契約に定められている期間中、何度でもサービスが受けられるものです。

サブスクリプションサービスは、スマホやパソコンから手軽に申し込むことができます。中には「月額400円からレンタルできる」と言う謳い文句でサービスを提供している会社もあります。

では、レンタルやサブスクリプションにはどんなメリットやデメリットがあるのでしょう。

レンタル(サブスクリプション)のメリットとデメリット

メリット
1.初期費用がかからない。
2.会社によっては配送料無料がある。
3.処分料がかからない。
4.気に入らなかったり飽きたりしたら変えられる。
5.家具の組み立ての手間や時間を取らない。

デメリット
1.必ずしも新品ではなく中古品である可能性がある。
2.損害があった時に保証がついている会社が多いが賠償金を取る会社もある。
3.長期の利用は高くつく可能性がある。
4.最低6ヶ月はレンタルしないといけないなどの最低期間がある。

家具をネットで購入したは良いけど、組み立てに時間と手間がかかって週末が1日潰れてしまったという経験がある人もいるのではないでしょうか。注文するまでは楽しいのですが、届いた大きな荷物の組み立てで奮闘することを考えるとどっと疲れてしまうことがあります。

では、サブスクリプションサービスを提供している会社にはどんな会社があるのでしょう。
家具のレンタルサービスを提供している会社は、「かして!どっとこむ」「らくらくライフ」「おトクレンタル.com」サブスクリプションサービスは「subsclife」「CLAS」とあります。サービスの具体的な比較については家具・家電レンタルのサービス比較を見てみましょう。

2018年にサービスを開始したまだ割りと新しいサブスクリプションサービス「CLAS(クラス)」やSubsclifeは「月々400円(500円)からの家具のレンタルサービス」という謳い文句で宣伝していますが、正直そんなに安くレンタルできるのか怪しい。と疑って実際によく見ると、月々400円で借りられるのは残念ながら椅子のレンタルくらいでした。

類似したサービスを提供している2社ですが、subsclifeはお洒落さを求めていたり、ブランドにもかなりこだわりがある人には良いかもしれませんが、CLASよりだいぶ割高です。CLASの方が料金に選択肢の幅があるようです。参考に家具・家電レンタル「CLAS」の商品一覧からレンタル料の相場を各アイテムごとに見てみましょう。

レンタルは本当に安いの?

アイテムのレンタル料は購入するより本当に安いのか疑問があります。例えば、CLASで洗濯機をレンタルする場合月額で1,760円。新品の洗濯機を購入すると一人暮らし用の安いものでも約2万円位です。レンタルで1年以上利用すると購入した場合の金額とほぼ同じ金額になります。

結論としては、1年以上レンタルするのであれば「洗濯機の場合は購入した方が安い。」ということになります。しかし、ここでの注意点は、家電や家具を転居の際に処分する場合は処分料がかかります。家電リサイクル法により、排出者(消費者・事業者)には、使い終えた家電を適切にリサイクルにする責務があります。家電リサイクル受付センターで詳細を見てみましょう。

お住まいの市役所・区役所の粗大ゴミ処分料について確認しましょう。冷蔵庫や洗濯機の家電については約3,000円前後〜5,000円前後かかります。更に、粗大ごみについては、市・区役所に連絡してからゴミ出しの日程を指定されるため、処分まで日数がかかるのも注意点です。

レンタルは初期費用が無い、もしくは一人暮らしの期間が仕事や進学、または先々海外留学する予定があったり海外赴任が決まっていたり、期間が決まっている人には良いでしょう。

もしくは、住むのは2年以上になるけれども忙しい生活をしている人で、家具を捨てるための手続きやスケジュール、運搬等、処分にかかる労力がとにかく面倒という人や家具をたまに気分転換に変えてみたい。インテリアが好きで部屋を快適空間にすることにこだわりがある人にも向いているかもしれません。ちなみに、長期利用については、利用期間によって割引があります。
例)CLAS
・2年目以降(25ヵ月〜):50%OFF
・3年目以降(37ヵ月〜):80%OFF
※商品を交換した場合、カウントはリセットされます。

しかし、レンタルをする場合は注意点がいくつかあります。返却日時を指定すると時間指定には実費5,000円が取られたり、返却日は申し込んでも回収が最低1週間後になってしまったりするので気をつけましょう。また、指定の最低利用期間未満だと、高額な家具だと1万円以上する返却手数料を取られてしまうことがあります。返却については規定をよく確認しておきましょう。

また、ベッド等の寝具は中古やレンタルだと他の人が使用していて気持ち悪くて嫌だという人もいると思います。アイテムによってレンタルと購入するものをよく検討してみると良いでしょう。ものによっては、レンタルより購入した方が良いものもあります。

一人暮らしの上級者へ

レンタルは、単純に料金の安さというよりも、引っ越しが多い人や、忙しい生活をしている人や部屋にこだわりを持っている人に向いているサービスなのかもしれません。配送や処分の手間を省けるのが大きな魅了です。処分の際にマンションからゴミ捨て場まで洗濯機や冷蔵庫、大きな重い家電や家具を運び出すのは一苦労です。

また、価格やコストパフォーマンスについては、あくまでもアイテムと利用期間によります。例えば、CLASでは、ホームシアター空間を一人暮らしでもレンタルで簡単で手軽に利用できる商品を提供しています。

これは、女性でも設置が簡単にできてしまう新しい商品サービス「プロジェクター付きシーリングライト」です。この商品のように購入すると10万円近くするものや利用頻度が手に入れてみないとわからないものについては、いきなり購入するより、まずはレンタルでしばらく試してみる方がお財布にも優しく安全策と言えるでしょう。

一人暮らしも長く、必要最低限は揃っている。しかし、もう一味加えてお部屋の快適空間をグレードアップしたい。という人には面白いアイテムが揃っているので試してみる価値ありです。

popIn Aladdinについてもっと詳しいサービス内容と口コミを知りたい人はこちら



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする